女性の様々なお悩みをサポートする鍼灸院です

当院では診察を受けてもなかなか解決しない、女性が抱えるお悩みやお困りの症状に対して東洋医学の観点から

お身体をとらえた鍼灸治療を行います。

 

 

不妊治療

 

「結婚したら努力せずとも直ぐに赤ちゃんを授かると思ってました」と仰る方は少なくありません。

 

検査を受けて特に問題ないと医師に診断されても、進まない、結果につながらないのには何がしかの理由があるはず、です。

 

*人工授精で妊娠しない、

*タイミングが合っていない、

*医師にステップアップを勧められてるが

 どうしたら良いか悩んでる、

*採卵しても卵が採れない、

*空胞が続く、

*受精しない、

*受精しても分割が途中でとまる、

*移植までいかない、

*移植しても着床しない、

*判定時HCGの値が低い、

*二人目がなかなか授からない、

*AMHが・・・、などなど・・・。、

 

*通院中の病院の薬の投与はあなたの身体に

 あってますか?

 

どこで、何で困ってるかは人により違います。

 

東洋医学の観点から個々を捉える事で、その方が何処の段階で困ってるか、何が原因で進まないのか、全体像として身体を捉えることができます。身体を整え、その方の本来備わっている妊孕力を今より少しでも高め、授かりやすい体づくりを目指します。

 

平成29年は体外、顕微、いわゆる高度生殖医療を受けている方で通院されてる方の3人に1人が妊娠されてます。(当院統計上)

平成30年でも6月現在3人に1人妊娠され

HCGの値が判定時18の方がその後も通院頂き妊娠が継続してます。

 

鍼灸がちょっと不安・・という方には現状の相談、お話し、カウンセリングだけでも可能です。問い合わせてくださいね。

身体の痛みや不調

 

デスクワークによる同じ姿勢→肩凝り→首の凝り→眼の疲れや眼の痛み→こめかみ頭痛、症状が辛いと人により嘔吐。。

 

季節の変わりめに腰痛が起こる、

ぎっくり腰、生理前の腰痛、

気圧の変化による頭痛、エアコンによる足の冷え、生理痛などなど・・。

 

同じ人が1人とていないように、同じ症状でお困りでも、体質や、症状を誘発する根っこの部分はみんな同じではありません。

 

痛みを一つ例にとっても、原因は人により様々です。

 

丁寧にカウンセリングをし、症状を伺い、

時に触診もさせて頂いたうえで、お一人お一人の体調に合わせたツボを組み合わせた施術を行います。

その際、東洋医学、古典のツボの組み合わせも引用します。

 

運動器疾患で痛い個所、筋肉に鍼を刺し、

鍼と鍼をつなぎ通電と言って電気をかけるより、ツボを組み合わせる治療の方が痛みが出にくくなります。

 

*痛い所だけに鍼灸をするやり方では自身の経験上、なかなか痛みは改善しないので、

触診させて頂きツボの反応や身体の動きを確認後、ツボを組み合わせ刺激を加減しながら鍼灸を行います。

心の悩み

パニック障害や、鬱と診断されている。

 

特に医師に診断されてはいないが気持ちの浮き沈みがある。

 

特に不妊治療を受けてらっしゃる方からよく聞くのは、生理が始まると、気持ちとはうらはらの身体の状況にドーンと落ち込む。。。

旦那様に辛くあたってしまう、申し訳ないけど自分に感情をコントロールできない。

などなど。。。

 

人の身体には360個以上のツボがあり、

この中を気血が流れていてこの流れが潤沢にめぐると身体に不調は起こらない、病気にならない、と東洋医学では考えられています。

 

感情の起伏が極端だと身体を巡る経絡(気血の巡り)を停滞させると考えます。

つまりこころの問題が身体に影響を及ぼします。

こころと身体はひとつ。心身一如。

 

この滞りを取る、気血の流れをスムーズにするのに鍼灸治療は適しています。

 

鍼灸を通じて心と体のバランスを整えるサポートをさせていただきます。



助産師、鍼灸師の資格を持つスタッフが施術します

 

助産師、看護師の臨床経験の知識を生かした鍼灸治療を行っております。

 

当院は西洋医学に通じており、今の身体の状況を西洋医学からの情報と東洋医学の両面から捉える事に精通し、治療に反映させている点が他院との違いです。

 

不妊治療中の方は、妊娠判定で陽性でもHCGの値の低い方は卵が育ってくれるように鍼やお灸を組み合わせて治療させて頂きますし、HCGの値が100以上あっても心拍確認までいかない卵もあるので、妊娠されても引き続き通院をおすすめしてます。

妊娠初期の不安の解消、過ごし方、気を付けて頂きたい事、食事の事、などなど、お話しさせて頂きながら鍼灸をさせていただいてます。

 

妊娠したら終わりではなく、始まりの一歩です。

経過をみせて頂きながらサポートさせていただけたら、と思います。

 

当院で授かって妊娠中も出産直前まで通って頂いたかたは比較的安産で、妊娠中大きなトラブルも無く、順調に経過されてるのは有難いことです。

産後、お手伝いしてくれる方がいない場合、訪問もしてます。

母乳をうまくすってくれない、しこりがある、など、鍼灸は母乳分泌もよくしてくれます。びっくり!です。

 

妊活中・妊娠中・産後までサポート致します。

   妊活中  授かりやすい身体作りのお手伝い

   妊娠中  安胎(元気に赤ちゃんが育つように)

        つわり・むくみ・逆子・腰痛など

   産 後  母乳相談、育児相談

        育児にともなう腱鞘炎、腰痛、肩こりなど

 

 

自由が丘 鍼灸院 予約

ご予約・お問い合わせ

メールは21時まで受付。

 

胎児用ドプラーです

 

 ↑ 胎児心拍確認の為のドプラー(医療機器)です。

妊娠10週以降の胎児の心拍が確認できます。

 

次の妊婦健診まで赤ちゃんの生存を確認をしたい、心配、不安方へ。

 

鍼灸治療と併せてご利用いただけます。

 

雑誌取材

自由が丘 鍼灸院 治療内容

 雑誌取材(主婦の友社刊2月号)を受けました。

 

 

■ご準備いただくもの
特にありませんが、当院では治療着の用意がありませんので、心配な方はキャミソールかTシャツをご持参ください。

また初診の方は簡単な問診表に記入していただきますので、予約時間の5~10分前にはご来院ください。

 

 

プロフィール

自由が丘 鍼灸 女性鍼灸師

 院長のプロフィールです。なぜ鍼灸を学ぼうと思ったかなど、自分の略歴も書いています。


基礎体温表

自由が丘 鍼灸 アクセス

 ご自分の身体の声に耳を傾けてみては?