当院の講座のお知らせ

お教室のご案内


   マインドフルネス、呼吸を意識してみよう

 

生きていると当たり前のように息をして生きているので、改めて呼吸を意識することはないと思います。

 

ストレスの多いこの時代だからこそ、ご自身の呼吸を、体を意識してみてはいかがでしょう。

ストレスがかかると無意識のうちに交感神経優位となり筋肉がかたまり肩こりや腰痛の原因になることもあります。

呼吸も肋間筋や横隔膜を使いますから

知らず知らずのうちに呼吸は浅くなります。

 

鍼灸は身体を副交感神経優位にみちびいてくれます。

そこで、頭に数本鍼をしたまま呼吸だけを意識してみましょう。

というクラスです。

毎水曜日 11時から30分 料金1000円+税

写真はベッドですが実際は床でおこないます。  


   お灸の実践セミナー

 

昔の方は自宅でお灸をされてました。

手っ取り早く、自宅でできる養生だったのでしょうね。

身体に不調のあるかたも気にならない方も、癌や疾患を抱え闘病中のかたもすべての方にお勧めできます。

身体が冷えにくくなり免疫も高めてくれます。

 

毎木曜日 11時時半から60分 料金3000円+税

 使用するのは簡易灸、せんねん灸です。

ご自宅でできるよう90個入りのお灸も1000円+税で販売しています。

当日は手、足の出やすい洋服でお願いします。

 

お申し込みの際はお手数ですが予約のフォームからかラインからお願いします。

その際、ご希望のコース、日時、参加人数、のご記入をお願いします。

料金は現金のみの扱いとさせていただいており、お釣りのないよう併せてお願いいたします。

キャンセルの際は前日までご連絡ください。

 

ご予約おまちしております。

 

 

 

 

 

 

    栄養学、ミトコンドリアと鉄とたんぱく質のお話会  

     

隠れ貧血って聞いたことがありますか?

日本女性の5人に1人は貧血があるといわれています。一般的な採血では指摘を受けない隠れた貧血です。

ヘモグロビン値が正常値でもフェリチンが低いと貧血とみなします。この状況を隠れ貧血と言います。

フェリチン値は身体に貯蔵されている鉄を意味します。

女性は生理の時に20~30㎎の鉄を身体から喪失します。

昨今、昔に比べ食生活も変わり、調理道具も鉄のフライパンでは無くテフロンに変わりました。つまり日常で意識して鉄をとらないと不足するようになったのです。

 

子宮内膜が薄い、経血量が少ない、疲れやすい、朝起きれない、髪が抜ける、爪がもろい、目が疲れやすいなどなどの症状がでてきます。

卵子も細胞ですから採卵しても元気な卵が採れにくくなります。

貧血がひどい方は腸内環境にも影響が大で、免疫力が低下したり

便秘や下痢をくりかえしたりします。

これは鉄のみならずタンパク質も不足のサインです。

特に妊娠を希望される方は鉄不足からミトコンドリア内の鉄も不足するため、酸素が回せず卵子の老化にもつながり、また代謝も下がるため良い子宮環境を作るのが難しくなります。

 

そこで、簡単に鉄と同時に良質のたんぱく質を摂取できる方法を

お話会でさせて頂きます。

これを教えて頂いたのは京都大学大学院助教授の野中鉄也先生です。

 この方法と鍼灸で妊娠につながる方も少なくありません。

鍼灸と同時進行で、サプリも大事ですが、日ごろの食事から身体を見直して妊娠しやすい身体を目指しましょう!

 

場所 当院にて 4~5名まで

日時 毎週日曜日 11時半から13時か14時まで

持物 筆記用具

料金 6000円(税込み)野中先生作成の冊子2000円

            講座代金4000円 

   試飲、軽食(お味噌汁、小さなおにぎり付き)

 

 悩んだら気軽に一度いらしてみてくださいませ。

予約は予約のページからかライン、ショートメールでお願いします。